レゴ(LEGO) フレンズ 41365 エマのデザインスタジオ その1(Emma’s Art Studio)

スポンサードリンク

この「フレンズ」シリーズもかなり前から人気がありますが、ブログで紹介するのは、今回が初めてですね。

では、見せてもらおうか。レゴ「フレンズ」の実力とやらを。開封!

大袋2つにインスト、そしてシールが付属します。シールは面積が大きいので、梅雨の日本の高い湿度のせいで、丸まってしまいました。

これは私は知らなかったのですが、「平らなところで組み立てましょう」の図が、かわいい女の子になっているんですね。

いつも載っているのは、ミニフィグを人間化した謎のキャラクターだったので、これには衝撃を受けました。

それでは、袋1から順に作っていきましょう。

ミニフィグと一匹の猫です。フィグはやはり頭身が通常のものとは、少し違いますね。

少し前に作った「ジャックストーン」の人と並べてみました。

ボマージャケットが醸し出すごつさが凄いですね。

私もボマージャケット好きなので、威圧感が出ていたとしたら、気をつけないといけませんね。

建物の一階部分ができました。

郵便ポストまで表現されていて、芸が細かいですね。

長くなってきたので、続きは次回。

スポンサードリンク

“レゴ(LEGO) フレンズ 41365 エマのデザインスタジオ その1(Emma’s Art Studio)” への1件の返信

  1. ピンバック: レゴ(LEGO) フレンズ 41356 ハートの小物入れ ステファニー – タマリンのレゴ日記

コメントを残す