レゴ(LEGO) シティ 60191 北極探検隊(Arctic Exploration Team)

スポンサードリンク

何て素敵な響きなんだ、「北極探検隊」。

男のロマンをくすぐるネーミングだけど、寒いのは嫌いだし、これなら家にいながら、未踏の地を冒険する気持ちが、分かるはずなんだ。

というわけで、もうすぐ6月。暑くなり始める季節ですが、今回は冬の気分(北極に四季はあったっけ?)を味わいましょう。開封!

うむ。袋2つ、インスト1つ。作りやすそうだ。

まず、ミニフィグを組み立て。画像では分かりにくいですが、一番左の人物は女性のようです。赤い人物のフードが印象的ですね。ワンちゃんはパーツが分かれてはおらず、1点ものです。

スノーモービルと氷塊を組み立て。モービルとラックは接続できます。

氷塊の扉をはずすと、中から氷づけの古生物が出てきます。よく、丸いパーツに古生物の絵(トンボかな?)をプリントできましたね。シールでないのが偉い。これはパーツのレア度としては、非常に高いと思います。

モービルには、画像のように背中合わせでなくても、ギリギリ2人乗れます。前方のガラスがわずか2パーツで表現されているのは、ナイスですね。これがあるのとないのでは、全体の締まり具合が違ってくると思います。

牽引部には、スキー板と丸型チェーンソーを接続可能です。

予備パーツです。

まとめ

誰でもつくりやすく、犬やカメラマンも含めて、ミニフィグのキャラクター性が豊かです。

また、「未開の極地で、お宝を探し当てて持ち帰る」というストーリーが、小品ながらもよく表現されていると感じました。

レゴの入門的な作品と見ることも出来ますが、どなたにでもオススメしたい逸品です。作っていてとても楽しかったです。

スポンサードリンク

“レゴ(LEGO) シティ 60191 北極探検隊(Arctic Exploration Team)” への1件の返信

  1. ピンバック: レゴ(LEGO) シティ 60193 北極探検 輸送ヘリコプター – タマリンのレゴ日記

コメントを残す